一年の計は元旦にあり、一日の計は・・・

年末年始になると「一年の計は元旦にあり」という言葉を耳にすることがよくあります。
一般的にこのことわざの意味は「一年の計画は年の初めである元旦に立てるべきであり、物事を始めるにあたっては、最初にきちんとした計画を立てるのが大切だということ。」ですが、この「一年の計は元旦にあり」には続きがあることをご存知でしょうか。

このことわざの由来に関していくつかあるようですが、三本の矢の逸話が有名な毛利元就の言葉という説と、中国の書物「月令広義」の一節という説が有力のようです。

1.毛利元就の説
一年の計は春にあり 一月の計は朔(ついたち)にあり 一日の計は鶏鳴(早朝)にあり
 毛利元就は元三の儀式を大切にしていました。元三とは、年・月・日の三つのはじめ(元)という意味です。後には正月三が日の意味にも使われるようになりました。「この元三の儀式をおろそかにするようではだめである。」と言ったそうです。何事も最初が肝心である、ということを意味しているようです。年の初めに一年の事をじっくり考えると良いという解釈もあるようです。また、「一年の計は努力にあり」とも言っています。

2.「月令広義」説
 
一日之計在晨 (一日の計は晨(あした・朝の意)にあり)
一年之計在春 (一年の計は春(新年)にあり)
一生之計在勤 (一生の計はまじめに努力することで決まり)
一家之計在身 (一家の計は主人の生き方で決まる)

月令広義」(げつりょうこうぎ)は、中国の伝統的な年中行事・儀式・しきたりなどを解説した本です。歳令「四計」の項に記されています。

二つの説は意味合いが少し異なるものの、共通する部分も多いと思います。この二つの説を踏まえて私が考えることは、物事を始めるには最初にきちんと計画を立てることが大切だということです。仕事をするにあたって「とりあえず、やってみよう」と考えることも時には必要かもしれません。しかし、きちんと計画を立てたうえでそれに基づき実行した時の方が上手くいくことが多いと思います。

一つの大きな目標(一年)を立て、それを達成するための目標(一月)、更に細かい目標(一日)を立てるようにすると目標達成ができるのではないでしょうか。私自身、目標を立てても途中で断念したり、来年頑張ろうと思い後で反省をすることも多くあります。ここで諦めるのではなく来年に持ち越すのでもなく、またすぐに実行すれば良いのです。小さな目標の達成の積み重ねで大きな目標が達成できるのではないかと考えます。

新年に「一年の計は元旦にあり」という言葉を思い出すことと同様に、毎朝「一日の計は鶏鳴にあり」という言葉を思い浮かべて、小さな目標を達成できるように心掛けてみてはいかがでしょうか。

横浜青葉事務所 平見祥子

 

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。


関連記事

■2018年2月如月

■防災の備蓄のお話し

■2017年12月師走

■2018年6月水無月

■ICOって何?