あなたは大丈夫?~不快な臭いと対応について~

最近よく耳にする、スメルハラスメント(スメハラ)という言葉、知っていますか?「スメル=臭い」「ハラスメント=嫌がらせ」。つまり、体臭や加齢臭、口臭、香水のキツイ臭いなど・・・職場での「臭い」による被害をまとめて指す言葉のようです。
   ・隣のデスクの男から、いつも不快なニオイがする
   ・上司の口臭が臭くて、話をするのが辛い
   ・女性の頭皮のニオイや香水が辛い
誰でも経験したことがあると思いますが、何故スメハラが起こるのでしょうか?理由は単純で、自分が発している臭いに気付かないからです。でも、実際に「臭い」と言える人はいるのでしょうか?

臭いけど言えない・・・なら、スメハラの予防策は?
まずは、自分は清潔だと思い込まないことです。中年男性は特に、「年齢的に加齢臭やミドル脂臭がするのは当たり前!」と考え、消臭対策はしっかりしましょう。加齢臭の原因は生活習慣病と同じく、暴飲暴食を避け、運動不足、睡眠不足にならないことが大切です。また、ストレスは活性酸素を増加させ皮脂を酸化させるため、ストレスをためないことも必要だと思います。家族や、一番身近な人に「ニオイが気にならないか正直に教えて!」って言うのも一つの方法です。

会社でスメルハラスメントの対策をしていますか?
会社では特に気をつけてほしいものです。悪臭を発していると間違いなく業務効率が落ちてしまいます。近年では、上司が「仕事の一つ」として消臭対策に取り組んでいる会社もあるようです。上司の言い方によってパワハラと勘違いされないように、以前より部下とのコミュニケーションをうまくとることも大切です。

ニオイについて伝えるときに注意すること
「臭い」と言われると「人格否定」されたように思います。でも、「病気が心配だから」って言うことで、「人格否定」にはならなくなります。また「今日は臭うね」と一言付け加えるだけで、たまたま「今日は体調が悪くて」とあまりトゲが残らず伝えられることもあります。

かんたんにできる口臭対策
仕事や生活する上で一番身近な不快な臭い・・口臭ですが、歯磨きはもちろん、口内を乾燥させないためにも、適度な水分補給が必要です。意外と知らない人も多いですが、舌も細菌が付着する箇所です。歯冠と合わせて磨いてあげましょう。

まずは、自分にできる消臭対策をし、スメハラをなくし、働きやすい職場環境を手に入れたいものです。

千葉旭事務所 加瀬直美

 

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。


関連記事

■2018年6月水無月

■保育所委託費の弾力運用豆知識~通知を読み解く~ パート1:第三者評価の受審及び結果の公表について

■2018年2月如月

■2020年4月1日施行 改正民法

■2018年1月睦月