『GAMBAと仲間たち』を応援しています!

アニメでもおなじみの「ガンバの冒険」が、3D映画になって明日(10月10日)から全国でロードショーされます!

斎藤惇夫氏原作の『冒険者たち ガンバと15ひきの仲間』は、1975年に日本テレビ系列で、『ガンバの冒険』として放映され、当時大変人気を博しました。その後、劇団四季が2012年には1年にわたり全国でミュージカルとして公演し、多くの感動を巻き起こしました。
その感動が更にパワーアップして、構想15年、総製作費20億円のビッグプロジェクトとして、この秋に映画館に帰ってきます!

制作は、弊社のお客様でもあり、映画『STAND BY ME ドラえもん』『ALWAYS三丁目の夕日』等を世に送り出した株式会社白組様です。

「仲間って、勇気」
都会の片隅で、町ネズミのガンバとマンプクは楽しく暮らしていた。ある日ガンバは、「海は世界で一番広くて大きい」と聞き、海を目指す旅に出る。二匹は港で船乗りネズミの宴に参加するが、そこへ弱りきった島ネズミの忠太が助けを求めやってきた。しかし船乗りネズミたちは、敵が白イタチの「ノロイ」だと聞いたとたん、勝ち目がないと逃げ出してしまう。絶望する忠太を見たガンバは、自分だけでも島ネズミを助けようと決心する。夜が明け、出航のとき。なんとボーボ、ヨイショ、ガクシャ、イカサマ、そしてマンプクもガンバの心意気にひかれ、船に乗り込んでいた。いよいよ冒険のはじまり。ガンバと仲間たちはどうやってノロイに立ち向かうのか!?そして彼らの運命は・・・・・・!? (公式HPより抜粋)

手に汗を握る展開、そして感動のストーリー。子供はもちろん、大人も十分楽しめます。ガンバたちの大冒険の世界へ、皆様もご一緒に旅立ちませんか。

コンパッソグループでは、『GAMBAと仲間たち』を絶賛応援中です!(エンディングロールに名前が出ます)

GAMBAと仲間たち』 10月10日(土)全国東映系にて 2D/3D全国超拡大ロードショー

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。


関連記事

■2018年1月睦月

■介護報酬改定の流れと経営対策  パート2・報酬改定について

■2017年12月師走

■2018年3月弥生

■介護報酬改定の流れと経営対策  パート1・改定の歴史