ナレッジ

KNOWLEDGE

  1. HOME
  2. Knowledge
  3. トピックス
  4. 『天災と国防』の先見の明

『天災と国防』の先見の明

 この度の東日本大震災にて被災された皆様に心よりお見舞いを申しあげます。1日も早い復興を心よりお祈り申しあげます。

 『天災と国防』は、昭和9年に発表された寺田寅彦氏の随筆です。
寺田氏は地理学者であり、随筆家であり、夏目漱石の門下生としても知られています。
著作の中で、寺田氏は以下のように述べています。

-抜粋-
 悪い年回りはむしろいつかは回って来るのが自然の鉄則であると覚悟を定めて、良い年回りの間に充分の用意をしておかなければならないということは、実に明白すぎるほど明白なことであるが、またこれほど万人がきれいに忘れがちなこともまれである。

 日本はその地理的の位置がきわめて特殊であるために国際的にも特殊な関係が生じいろいろな仮想敵国に対する特殊な防備の必要を生じると同様に、気象学的地球物理学的にもまたきわめて特殊な環境の支配を受けているために、その結果として特殊な天変地異に絶えず脅かされなければならない運命のもとに置かれていることを一日も忘れてはならないはずである。

 わが国のようにこういう災禍の頻繁であるということは一面から見ればわが国の国民性の上に良い影響を及ぼしていることも否定し難いことであって、数千年来の災禍の試練によって日本国民特有のいろいろな国民性のすぐれた諸相が作り上げられたことも事実である。
しかしここで一つ考えなければならないことで、しかもいつも忘れられがちな重大な要項がある。それは、文明が進めば進むほど天然の暴威による災害がその劇烈の度を増すという事実である。

 文明が進むほど天災による損害の程度も累進する傾向があるという事実を充分に自覚して、そして平生からそれに対する防御策を講じなければならないはずであるのに、それがいっこうにできていないのはどういうわけであるか。そのおもなる原因は、畢竟(ひっきょう)そういう天災がきわめてまれにしか起こらないで、ちょうど人間が前車の顛覆(てんぷく)を忘れたころにそろそろ後車を引き出すようになるからであろう。

 思うに日本のような特殊な天然の敵を四面に控えた国では、陸軍海軍のほかにもう一つ科学的国防の常備軍を設け、日常の研究と訓練によって非常時に備えるのが当然ではないかと思われる。

驚くべき内容です。
70年以上も前に書かれた文章であるにも関わらず、現在にも合致する先見の明はただただ感服します。
しかし逆を考えると、その当時と危機管理意識が変わっていないとも言えるわけで、恥ずかしさと同時に虚しさを感じます。

天災は忘れた頃にやってくる
みなさん、よくご存知のフレーズだと思いますが、この言葉、寺田氏が最初と言われています。
いつ起こるかわからないが、いつか必ずやって来るという前提で、個人・企業・社会・国の各レベルでさまざまな対策を講じておく必要が、今こそあると感じぜずにはいられません。

 出典:『天災と国防』寺田寅彦著 岩波新書
 

渋谷事務所 三上吉昭

関連記事

最新記事

月を選択