「国語に関する世論調査」をご存知ですか?

言葉というものは、コミュニケーションツールとして大切な役割を果たしています。その言葉を使って私たちは意思疎通ができているのでしょうか?
文化庁が「国語に関する世論調査」を行っています。これは、平成7年度から毎年実施しているもので、全国16歳以上の男女を対象とし、日本人の国語に関する意識や理解の現状について調査し、国語施策の立案に資するとともに、国民の国語に関する興味・関心を喚起する目的で行われています。今回はこの調査の中の「言葉の意味」についてご紹介致します。

役不足  例文:彼には役不足の仕事だ
    (ア) 本人の力量に対して役目が重すぎること
    (イ) 本人の力量に対して役目が軽すぎること

本来の意味は(ア)、(イ)のどちらだと思いますか?
本来の意味は(イ)の「本人の力量に対して役目が軽すぎること」ですが、(ア)を選択した人の方が半数を上回っています。実際に私自身も、本来の意味ではない使い方を時々耳にします。「本人の力量に対して役目が重すぎる」場合には「役不足」ではなく「力不足」と表現をすれば良いのではないかと思います。他にもいくつか取り上げてみます。本来の意味は(ア)、(イ)のどちらだと思いますか?

1.流れに掉さす  例文:その発言は流れに掉さすものだ
    (ア) 傾向に逆らって、ある事柄の勢いを失わせるような行為をする
    (イ) 傾向に乗って、ある事柄の勢いを増すような行為をする
                    答 (イ)

2.割愛する  例文:説明は割愛した
    (ア) 不必要なものを切り捨てる
    (イ) 惜しいと思うものを手放す
                    答 (イ)

3.失笑する  例文:彼の行為を見て失笑した
    (ア) こらえ切れず吹き出して笑う
    (イ) 笑いも出ないくらいあきれる
                    答 (ア)

4.敷居が高い  例文:あそこは敷居が高い
    (ア) 相手に不義理などしてしまい、行きにくい
    (イ) 高級過ぎたり、上品過ぎたりして、入りにくい
                    答 (ア)

5.姑息  例文:姑息な手段
    (ア) 「一時しのぎ」という意味
    (イ) 「ひきょうな」という意味
                    答 (ア)

6.煮詰まる  例文:七日間に及ぶ議論で、計画が煮詰まった
    (ア) (議論が行き詰まってしまって)結論が出せない状態になること
    (イ) (議論や意見が十分に出尽くして)結論の出る状態になること
                    答 (イ)

 [6.煮詰まる]に関しましては、40代から50代を境に意味の理解が逆転しています。例えば、上司が会議中の部下に、もうすぐ結論がでる頃だと思い「煮詰まってきましたか?」と尋ねると、会議に行き詰まっている部下が「はい。煮詰まっています。」と上司が意図していることとは全く違う意味で答えるといったことも起こるかもしれません。会話は成り立っているのに、重大な誤解が生じます。

このように自分は本来の意味で表現しても、相手には本来とは違う意味で理解されてしまうといったケースも発生するものと思います。このような行き違いを防ぐためにも、会話をする際には一言で終わらせずに、日頃から、いくつかの文章を組み合わせて会話をするように心掛けてみてはいかがでしょうか。

言葉を足していくことによって本当に伝えたいことが相手に伝わりやすくなると思います。文化庁のホームページ「国語施策」には、「国語に関する世論調査」の他にも興味深い内容のものが掲載されています。日本語に関心のある方はぜひ閲覧してみてください。

出典:文化庁「国語に関する世論調査」

横浜青葉事務所 平見祥子

 

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。